認知症

認知症を解決していくgolostudとは

認知症を解決していくgolostudへようこそ! このサイトでは、認知症患者の方や、認知症を介護している家族の方へ向けて解決していくにはどうしたら良いのか? といった認知症の素朴な疑問や悩みを解決に導いていくためのサイトです。

実際の体験から見つけ出した改善案や、失敗談、解決の役に立てる情報や新しい情報などを取りまとめてみなさまへとご紹介していこうと思います。
特に認知症患者さんを介護していくことは大変です、良かれと思ってやったことも中には、 患者さんにとってとてもつらいことかもしれませんし、正しい解決策じゃないことも考えられるでしょう。

食事をしたばかりなのに「まだ食べてない」と言う…だからと言って何度も食事を与えるのはよくありません。
赤ちゃんのように満腹を知らず食べ続けてお腹を壊してしまうこともありますし、それでも食べてないと言ってしまうでしょう。
そんな時にはどうしたら良いか?お菓子など与えてご飯の時間まで時間を稼ぐことです、 実際に食べている最中であれば、食べてないと言うことがあったとしても手に取っているお菓子などを見れば 「いま食べているんだな」ということを理解してくれるかもしれません。

認知症が進行していたとしても、本人の自覚や理解する能力は少なからずあります。 だからこそ介護する人間が冷たい態度や、突き放してしまう言い方、ついつい頭ごなしに怒って言う事を聞かせようとする、 などのことを実行してしまうと、認知症患者の人も落ち込んでしまいますしショックを受けます。 これは人間という感情を持っている生き物なので当然のことなのです。

だからこそ周囲の人達が理解を深めていき、認知症を解決していかなければなりません。 回復や改善の保証はないと言われておりますが、諦めずに向き合うことで症状の進行を遅くしたり、 もしかしたらちょっとしたことで記憶の改善などが見られるかもしれません。

もし、そのような改善方法を調べてみようと思うのならば是非こちらのサイトとともに、 認知症を研究している西崎研究室のサイトを御覧ください。

車の運転と認知症

認知症と診断されてしまったとしても、症状次第によっては、不自由なく動ける人から全く動けず常時介護が必要な方まで様々です。 そんな中、車の運転で1つ問題があります。

運転には自信があるが家族から危険なので免許を返納してほしいといった差が生まれてしまうことです、 移動や荷物を運ぶ時に車がないと不便といったケースであり、高齢化するほど車が必要なことや、 高齢化によって運転の危険性が増すといった難しさがある。

実際に高齢者の運転事故は増えていく傾向にあり、その運転手の中には認知症患者も数に含まれていたというニュースがある。 そういった場合家族にも責任が問われることもあるため要注意であります。

認知症NEWS

さきほど本サイトとあわせて紹介した、西崎研究室の研究成果をもとに、新しいサプリメントが登場したようです。詳細は、こちらのサイトを御覧ください。
【智慧の卵(ちえのたまご)】DL/POホスファチジルコリン含有サプリメント通販サイト

認知症に関するニュースの「...

2015年06月24日にアップ致しました。

COPYRIGHT (C) 2016 認知症を解決していくgolostud All Rights Reserved.